暑さに身体がついていかないスタッフおがわです。
高校生に命の大切さを学んでもらい、将来親になる準備として、小さな赤ちゃんと触れ合う体験をしてもらおうと松戸市が行うこのプログラム。
ひろばで参加親子を募集するチラシを目にした方も多いのでは?
今回、5回連続でこのプログラムに参加してくれた親子さんに、その感想をお聞きしました。

『高校生と赤ちゃんのふれあい体験』に参加させていただきました。
普段、高校生と接する事がないので、楽しみと若干の不安がありましたが、保育スタッフさんのサポートもあり、積極的に遊んでくれる子や優しく語りかけてくれる子も多く、安心して交流を楽しむことができました。母子手帳やアルバムを見せながら質問に答えていると、皆真剣に話を聞いてくれて、とても嬉しかったです。また、高校生の立場から、親に感謝していることなどをたくさん話してくれて、私も勉強させてもらいました。
 肝心の子どもとのふれあいは、子どもが泣いてしまい、あまり抱っこなどができませんでしたが、女の子も男の子も根気強くあやしてくれたり、抱っこの代わりに手を握ったり、「来てくれただけでうれしいよ」と優しい言葉で接してくれて助かりました。fureai.jpg
 今回の参加は妊娠出産、育児を振り返るいい機会になりました。忘れていた気持ちや感動を思い出して、改めて育児を頑張ろうと思いました。
本当にとてもいい経験ができました。
また機会があれば参加したいです。
(菊原 美樹さん・悠真くん)